痩身エステ 池袋 クーリングオフ

痩身エステが池袋に多いので、当サイトでは口コミを独自で募集しておすすめランキングを掲載してみました。 池袋で痩せたい人は参考にされて下さい。自分に合わない痩身エステ…クーリングオフは可能?
MENU

自分に合わない痩身エステ…クーリングオフは可能?

痩身エステ 池袋 クーリングオフ

 

痩身エステは、多くの女性にとって憧れの的です。理想の体型を目指すためには、適切なアプローチが欠かせません。それを促すものとして、根強い人気を誇っています。反面、体質に大きく左右されることも否めません。

 

そのため、必ずしも想定していた効果を得られないことがあります。そうしたトラブルの前兆を感じたときには、痩身エステであってもクーリングオフを検討するべきです。通信販売などと同じく、痩身エステにおいても権利が保証されています。もし強引な勧誘にあって断りきれずに入会したような場合でも、クーリングオフを利用すれば安心です。ただ、期間内に所定の手続きをとることが求められますので、その点は注意しておきましょう。

 

痩身エステにあいて、クーリングオフを行うためには、一定の条件を満たさなければなりません。まず契約期間は1ヶ月を超え、金額は5万円を超えていることが必要です。そして法定の契約書が交付されてから、8日以内でなければクーリングオフは認められません。たとえ間に休業日を挟んでも、日数はそのままカウントされます。営業日の少ない痩身エステほど、迅速に対処していくことが大切です。

 

手続きは書面で行い、それを郵送するかたちになります。決して直接出向いて手渡してはいけません。受け取っていないと誤魔化されるのを防ぐためにも、配達記録をつけて送ったり、簡易書留を利用するべきです。そして送った瞬間に、クーリングオフは効力を発揮します。たとえ相手が届いていないことを主張したとしても、手元に日付が印字された受領証があれば有効です。また、痩身エステだけではなく、信販会社とも契約を結んだ場合には、双方に送付しなければなりません。今一度、契約書を確認して送り先を間違えないようにしましょう。

 

痩身エステへのクーリングオフが成立すれば、金額は全額戻ってきます。たとえ契約書に記述があったとしても、違約金や賠償金を支払う必要はありません。ただ、契約書外の体験コースの代金は基本的に返還されず、使用した消耗品は原則として買取になります。もちろん、今後支払う予定だった料金は、一切発生しません。

 

もし、8日間を過ぎていれば、中途解約扱いになり、違約金などを支払わなけれななりません。それだけに、痩身エステのクーリングオフは早めに決断するべきです。不明な点があれば消費者生活センターなどにも相談して、適切なアドバイスを受けていきましょう。

このページの先頭へ